So-net無料ブログ作成
検索選択

だいぶ経ちますが・・・。東京モーターサイクルショー(汗 [WR250R モデファイ]

こんばんは。

モーターサイクルショーも無事に終わりました。
ZERO-Gブースへ足を運んでくれた方。
色々、応援をしてくださった方々ありがとうございました。

2年分のエネルギーをすべて使った感じです。

DSC_0009.jpg
オフロード専門のブースは家だけだろうな?っては思っては
いたものの・・・ほんとに家だけでしたw

今回の出展にあたり、マシーンのコンセプトは殆ど自分でイメージを
作ってしまった。

DSC_0135.jpg


内容は、こちらのブログでも書いてますが・・・。(汗

http://zero-g-ast.blogspot.jp/2012/04/blog-post.html

ZERO-Gが好き勝手やってWRをカスタマイズするとこんな感じになっちゃうよ。
とうテーマだったけど、殆ど自分の趣味。

まず一番最初に決めたのは、☆ぢくんのブログでもある様に・・・。
オフかモタかだった。

自分の中では実はオフで行こうって決めてたんだけど、☆ぢくんに質問してみたら
やはりオフだった。やっぱり原点だから。。。オフは、モタ車も結局はオフ車だから
オフで格好良く決めたいと思った。

外装のコンセプトとしては、ノーマルでもカッコが良いWR250R/Xだが、トレールでレーサ―
ぽく。。。モトクロッサーぽく作りたかった。
レーサーぽくする事で、重たいと言う印象が強いWR250R/Xを軽く見せるフォルムを狙った。
そのポイントとして、フレームをシッカリ見せること。ココが今回のコンセプトマシーンの
きもになる。

DSC_0072.jpg


外見では、一番目を引いたと思うところは、タンクシュラウド。
YZ-F系とは違う、前側が斜め下に突っ込むような今時のモトクロッサーのテイストを持ちこんだ。
見る人により、KTMにもCRFにも見える見たいだが、どちらも前側が斜め下に突っ込むようなデザイン
なので、似てるかもしれないが、WR250Rのノーマルのシュラウドのテイストもちゃんと入ってる
ZERO-Gオリジナルになってる。
そして、WR250R/Xにお乗りの方で不満を持ってるかたも多いと思う、タンクを二―グリップした時の
タンク廻りのヤボッタさをこのシュラウドは改善しました。二―グリップするあたりを削れるだけ
削って、シェイプしてるんです。

フロントフェンダー こちらは、ライトカウルのアゴの部分を上手く納めるようなデザインと 
サイドから見た時にフェンダー部が細く見えるようにラインを弄っている。

タンクシュラウドとならび好評だったリヤフェンダー。
ノーマルが凄く短いのと、やはりモトクロッサーはケツ下がりだろう?と言う自分の持論を押し込んじゃった
感じのデザインになってます。一見、長いんじゃない?と思うけど、絶妙な長さでバランスが良いです。
それと、今回ハイシートを使ってるのですが、ハイシートの後ろ端末とリヤフェンダーが同一ライン上に
なるように狙った。
ハイシートを使った理由は、やはり、タンクからリヤフェンダーまでのサイドビューのラインを綺麗に
(レーサー風に)したいと言う狙いがあったのだが、ココは我ながらうまくいったと思ってます。

これに、マッドフィッシュデザインズの今村さんがさらにレーサーぽく見えるようなデザインとデカールを
製作してくれました。

今まで、うちで作ったデカールはゼッケンが入って無かったので今回は、ばっちり入れてもらった。
それも赤ゼッケン。

DSC_0071.jpg


ホイールは、今回は、サポートさせて頂いてる、鈴木健二さんの私物をおかりました。
デカイ箱に入ってきて開けてビックリ!チタンスポークのリムだった。
健二さんが、WR250Rでレースに出ていた頃に使ってた者らしく。。。
知る人ぞ知る物。。。実際に市販化はされていない。

そして、マフラーは別のお仕事でお付き合いがあるボルケーノさんで作って頂いた。
ボルケーノは、ポルシェのマフラーでは超が付くほど有名で、ここのマフラーじゃなきゃ
ポルシェはパワーが出ないとも言われてる。
ボルケーノは、車だけでなく、ロードレースでも実は有名。
このテ―ルをみて、ピンッ!と来た方も多いはず。。。

実は、あの小池田選手がBMWでJNCCに参戦してた時もボルケーノのマフラーを付けていた。
ボルケーノの代表は、モトクロスにも精通していて、自分でもレース参戦してるが、
某ワークスのメカニック経験やテストライダー経験も持つ凄い人なんです。

昨年からボルケーノさんのマフラーは付けていたのですが、
ZERO-Gコンセプトマシーンの完成写真を見せたところ。。。
ココまでカッコ良いとマフラーもモトクロッサーぽく作り直そう!と言ってくれ。
今の形になりました。
時間があればフルエキも出来たんですが、今の段階ではココまでです。

とにかく、モーターサイクルショーの前にあれがあって・・・。

そう、造形社さんのダートスポーツ増刊号
WR250R/Xマスターズブック。

AphOAnLCIAACuRL.jpg


これに間に合わせる為に、各関係部署ならびに関係会社に無理言って対応してもらった。
彼らのお陰で間に合った。ほんと感謝しても感謝しきれないくらい。

そうそう・・・。
アクスルブロックもエリーゼオーナーの知人のアジアの帝王の会社で急遽作ってもらった。

DSC_0077.jpg



そして、モーターサイクルショーに向けて・・・。

ほんと、こんな素晴らしいブースになって、なお且つ良い出展になったのも・・・。
実は、今年になってから話がトントン拍子で動いて行きました。

まず、ヤマハでWR250Rの開発を行い・・・。WR250Rではカリスマ的存在のあの人・・・。

そう、監督!こと鈴木健二選手にZERO-Gとしてサポート出来る事になった。

健二さんもうちの今年に賭ける情熱というか・・・目標というか・・・を理解して頂き、
またうちは健二さんを通じて、オフロードバイクの楽しさを末端のユーザーに発信して
オフロードバイク人口のUPに少しでも貢献できたらいいなぁ?と言う思いもあった。

それから、今回、東京モーターサイクルショーでカタログを配布しましたが
どうでした?カッコ良かったでしょ。

ブースの壁の写真も。。。

DSC_0138.jpg


DSC_0137.jpg




これも、ほんと奇跡と言うか話しがトントン拍子できまりまして。

JNCCに参加されている選手および企業向けに一通のメールが来たんです。
それは、ダートスポーツ紙面などオフロードバイク誌では有名なカメラマンチーム
アニマルハウスさんから、フォトシューティングの企画がメールで来たんです。
コレは、人数・台数を纏めることで格安でカッコ良いフォトを撮ってもらえると言うイベント
だったのですが、うちはこの開催日にバイクが用意出来なかったので、
別口で(単独で)お願いできないか?相談してみたところ・・・。

お忙しい中、対応して貰える事になった。

さっそく、都内某所へお伺いして、アニマルハウスメンバーとうちのメンバー
で打合せ。

今回のうちの狙いとか理解して頂きつつ。。。テーマはポスターの様なカタログ。

モーターサイクルショーとかでカタログをみなさん色々貰いますよね。
綺麗なお姉さんとかが、どうぞ~!って出されると、つい貰ってしまって
気が付いたら、サックに一杯だったとか・・・。(汗

家に帰って、一度見直すけど・・・、すぐゴミ箱へぽぃ・・・・って(涙
そんな経験ありますよね。

そんなことしづらくしちゃう様なカタログを作りたいと・・。

なんか、このカタログ・・・ポスターみたいで、カッコ良いし!
部屋に飾りたいなぁ~・・・。いや取って置こう!って思ってもらえるような
そんなカタログを作りたいと・・・。

カッコ良い走ってる写真とバイクの置きの写真が欲しいと言う内容を
アニマルハウスさんに伝えて、まとめ役のI氏とカメラマンのK氏が
遣りがいを感じてくださって・・・。

まだその時は、誰を走らせる?誰を撮る?って決まって無かったのですが、
もう、健二さんで行くって流れになってたなぁ。今考えると・・・。(汗

健二さんに連絡したら、二つ返事でOKを貰えて・・・。

撮影をしたのは、なんと3月の第1週目のJNCC 大阪大会の前日だったんです。
JNCC事務局様に許可を貰いコースを使用して撮影しました。

DSC_0100.jpg


カタログを見た人は感じたと思うのですが、日本で撮影した感じがしないでしょ!(笑

ほんとビックでしたよ。

出来たカタログは、ほんとカッコ良く。

モーターサイクルショーでも2000部用意したカタログは・・・100部ぐらしか残らなかった。

なんか、夢のような数ケ月でした。

モーターサイクルショーに出て、ちょっとした自信みたいな物も出来た。
やってきた事は、間違いではないかな?って。

これは、ほんと第一に会社の協力がなくては出来なかったことで
凄く感謝をしてます。

だだ理想と現実と言うモノもあって、やはり事業としてやってますからね。
この先、大変だと言う気持ちもしっかり持ってます。

でも、イベントとしては、成功したのではないかと思います。
会場に足を運んでくれた皆さん。
応援してくださった皆さん。

関係会社・関係部署の皆さん!

ほんとありがとうございました。

来年は、モーターサイクルショーにうちの様なオフロード関係のブースが
1つでも2つでも増えてくれると、いちオフロードバイクファン嬉しい限りです。

ありがとうございました。



来週?の美浜のMOTO1にも出店します。
ただ、ワタクシ台湾でモーターサイクルショーがある関係で日本におりませんが、
ZERO-Gのマシーンは美浜に持っていくようなので、
覗いて頂けると・・・。担当のタテ係長~がちんぷんかんぷんな応対をしてくれますので・・・。
つっこんでやってくださいね。(爆


あと・・・。WR250R/Xマスターズブックは4月4日に発売されてます。
是非!ご購入ください!(汗

2012-04-04-01.44.35.jpg




にほんブログ村 バイクブログ モタードへ
にほんブログ村


にほんブログ村 バイクブログ エンデューロへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 1

コメント 5

関

本も買って拝見させて頂きました。特にこのリアフェンダーは気になってしょうがないです笑
発売してほしいです!ただ気になる点としては、リアフェンダーの下のフレームをカットしているように見えるのですが、こうなると公道では使えないということですよね。。。?
シュラウドも好きです!いずれにしても楽しみです!
by (2012-04-07 22:07) 

おれっち

関さん

ありがとうございます。

サブフレームはカットしてないですよ。
ただ、現行のランプの位置ですと、ブレーキランプが見えないので
位置を移動する必要はありますが・・・。

G/W開けぐらいに、公道仕様のデモ車にしますんでお楽しみに!
by おれっち (2012-04-08 01:43) 

tako

以前サイドゼッケンに関して質問した者です。
SERO−Gさんのパーツ、どれもカッコいいです!
是非商品化してください!
特にリアフェンダーが格好良過ぎです!
本当に宜しくお願いします!
by tako (2012-04-08 01:45) 

おれっち

takoさん!

ありがとうございます。

商品化出来るように頑張ります。
てか、沢山の声が必要です。(笑

by おれっち (2012-04-08 23:53) 

Tom0023

是非商品化して頂きたいです。
よろしくお願いします。
by Tom0023 (2012-05-23 00:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。