So-net無料ブログ作成
検索選択

2013 RIDEZ Muc-Off エンデューロアカデミーVol.1 [WR250R]

2月10日 茨城県にある栗野スポーツランドにて開催された

JECプロモーション主催の
2013 RIDEZ Muc-Off エンデューロアカデミーVol.1 に参加してきました。


536880_488946784494920_826512071_n.png




モトクロスとエンデューロの両方のライディングに精通するベテランを講師に迎え、
中・上級のライダーにはさらなるスキルアップを、ビギナーにはオフロードを安全に速く
走るための基本をレクチャーするスクールでした。

講師は、鈴木 健二 校長先生、釘村 忠先生、 渡辺 学先生


543665_488950131161252_181692943_n.png



(RIDEZさんの写真を使わせて頂いております。)


雲一つなく、風も殆ど感じない最高のコンディションの中スクールは行われました。


いつも大変お世話になっているJECプロモーションの中西代表の挨拶

http://2011.jecpro.com/


2013-02-10-09_04_58.png





そして、今日は校長先生の鈴木健二選手のあいさつ


2013-02-10-09_05_38.png




スクールは、朝から夕方までみっちりのスケジュール


2013-02-10-09_08_17.png




スクールは、初級・中級・上級と3クラスに分かれます。
講師陣が時間ごとに代わっていきますが、
各クラスごとによってメニューが違います。

今回、私の参加した初級クラス

私の経歴を申しますと・・・(汗

オフロード歴3年です。

1年目は毎月1回 コースにてスクールに参加してました。
2年目、仕事を理由にするのはなんですが、一度も乗ることができませんでした。
3年目は夏に2程練習に行ったきり・・・。

という超がつく初心者だと思ってください。(笑



午前一回目のフリー走行が終わって

1回目のレッスン


鈴木 健二校長先生

 
 
オーバルコースを使って、オフロード走行のライディングフォームと目線の基本練習


2回目のレッスン

釘村 忠先生

バンクコーナーの走り方・轍コーナーの曲がり方と小ジャンプ

3回目のレッスン

渡辺 学先生 

フラットコーナー(逆バンク)の走り方と最短ラインの見つけ方と
安全なラインの見分け方・走り方


フリー走行が終わって帰ってきた時、体に力が入り(特にバイクを抑えていた上半身)
腕が疲れ腕上がりの症状になりましたが、健二先生のレクチャーを元に走行を
続けてみると、腕が楽になって疲れにくい。
下半身使い方とくるぶしグリップ(ニーグリップ)に意識を持っていくことで、
上半身は自然に力が抜けることが理解できました。


534790_488947091161556_992143225_n.png


72993_488947144494884_741393817_n.png



また、オーバル走行で内足と外足の使い方と行きたい方向を見る(目線)で
コーナーが綺麗にトレース出来ることも完全ではないですが、理解できました。
あまり得意ではない、右コーナーも綺麗に回れるヒントが掴めた感じで非常に
ためになり、普段から簡単に出来るトレーニングなので実践してみたいと思いました。

釘村先生の教えてくださあった、轍コーナーの対処法は、初心者が一番嫌がる
ところで、非常に興味深かったのですが、健二校長先生が教えてくれた
基礎が出来ていて、轍の進入と轍のどこにフロントを入れたらいいか?など
こちらも目から鱗が落ちるようなレクチャーでした。
と言って、すぐに克服できるというわけではないので、練習が必要です。(汗


559986_488948847828047_649701846_n.png




マナブ先生のレッスンは、僕らのようにアクセルを開けて対処が
マダマダ(開けられない)の初心者には非常にためになるコーナーの攻め方を
教えて頂きました。無理をしなくても最短ラインで早くはしれるよ!と言うお手本を
見せて頂きました。また、路面がこうなってる所は、転倒の恐れがあるから避けた
ラインをあらかじめ探すとか、普段では教えて頂けないことまで教えて頂きました。

539859_488947837828148_617436660_n.png


あ!写真は僕らを教えてるのとは違うけど…(笑


今回は、各クラス小人数と言うこともあって、参加した皆さん色々と質問をぶつけて
ました。こう言う機会は中々ないので非常に良いイベントだなぁと思いました。

欲を言えば・・・。3周ぐらい追っかけ・引っ張りなどしてもらって悪い所を指摘してもらうような?
講義もあると尚嬉しいかなと思いました。

でもこの3選手に教えて頂けることなど、めったいにないことですので、
非常に有意義なスクールでした。


12969_488949091161356_1921737812_n.png



また、機会があったら、是非参加させて頂きたいと思っております。


参加された皆さん。講師の先生方。 

今回このイベントを企画してくださった、

RIDEZインターナショナル様そしてJEC中西様 

ありがとうござました。


それから朝方の話ですが。


DSC_0037.png



鈴木 健二選手・渡辺 学選手・そしてZERO-Gの所有するWR250Rカスタム車両を
並べて、写真を撮りました。


2013-02-10-08_04_02.png





鈴木健二選手の車両は昨年のJEC日高2DAYのウィナーマシーン。



2013-02-10-08_03_53-1.png




渡辺 学選手のマシーンは今月号の月刊ガルル誌のツーリング企画や
渡辺学のオフロードクリニックにも登場した車体
そうそう!ガルルみてくださいね(笑

magazine_hyoushi_b.png


contents_b.png



学先生がご自身のWR250Rで初ツーリング企画に参加している記事は、
結構読みごたえがあり、ツーリングに行きたくなっちゃう記事です。(笑


どれもカッコいいですが・・・。

3台ともライバル心むき出しで楽しかったです。(笑


DSC_0056.png



そこで盛り上がった話で、WR250Rカスタム選手権をやろう!と・・・。

ツーリングイベントを開催し、集まったWR250R/Xで
”俺のが一番!WR250R/Xカスタム選手権”を開催しようと・・・。

と言うことで、ZERO-Gで企画してみたいと思ってます。(笑

かなり本気です!w

我こそはと思う、WR250R/Xオーナー準備しておいてくださいね。

宜しくお願いします。

今年は、ZERO-Gの商品オーナー・WR250R/Xオーナーを対象とした
イベントを遣りたいと思ってます。

今から楽しみでしかたありません。

今シーズンはうちのBLOGでもお知らせしましたが、

昨年に引き続き 鈴木健二選手と今年から渡辺 学選手のお二人を
サポートしていきたいと思ってます。

何がどうサポート出来るか?まだ具体的にはないですが、うちと
しては大変名誉なことなのでお二人に迷惑が掛らないように(汗
頑張ってまいります。(笑

今回、学選手のYZ250にうちの試作ハンドガードがついてます。


554256_488947037828228_638485190_n.png



こちらは、結構問い合わせが多い商品で、まだ販売できないの?
何時になったら販売するの?と・・・・。(汗

今、量産に向けてどうなのか?最終審査に入ってますが、どうなんでしょう?
自分としては、遣っていきたいんですがね。。。


と話は長くなりましたが、ここ2年くらいまともにオフロード走れなかった
環境から、今年は意地でも乗りこんでやろう!と目標を立てたので。

この早い段階で一回乗る事が出来たのは良い兆し?(笑
かもしれません。

もう、乗りたくてうずうずしてますが・・・・。


さて、告知です。

2月24日

ナップス埼玉店さんにてプロモーション活動をやさせて頂くことに
なってます。(まだナップスさんのページにはUPされてませんが・・・。)

当日は、展示即売会もやりますし、デモ車も展示します。
そして、ニューアイテムの発表やら店頭に置いていない商品なども
持っていきますので、ZERO-G商品に興味のある方は足を運んでみてください。

私もいや私しかいないので当然当日は居ますから遊びにきてください(笑

では~。。。。




にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。